Skip to content

AW21

Autumn & Winter 2021 – 22 

‘The Scent of Memories’

 

In the wake of the realisation that things might never go back to how they were,

The cherished memories from the past gently remind us of the beauty of everyday life and softly embrace our hearts.

The scent of memories adorn our present moment.

With this collection, we missioned ourselves with exploring the possibilities of adornment by reinterpreting sheer,lace and tulle fabrics with vague floral patterns and techniques such as gathering and scalloping.

By preserving these joyful and cherished memories through our clothes, we hope that you,No matter who you are, can experience these memories too.

 

‘記憶の薫り’

 

「記憶」を ぼんやりとした花柄や、シアーな素材感、レース、チュール、ギャザー、スカラップ、といった装飾性の再解釈につなげ、装飾表現の持つ可能性を問い直した。

ごく普通にみえた日常はもう二度とこないと気づいたとき、日々の何気ない時間の中にあったあたたかく優しい記憶は特別な彩りとして、心を柔らかく包んでくれる。

いま目の前にあるどんな日々も、人生がもたらしてくれる特別な装飾的事象。

着るひとにとって、関わる全ての人にとって、また新たに幸せな記憶を刻む服になったらという気持ちを込めている。 

 

 

   

ABOUT ORIGINAL FABRIC

 

Our brushed gingham wool is an original fabric of ours.

It is woven at a factory in bishu region, *a world renowned textile centre in japan, which houses a very rare shonhel textile machine,One of the only ones in the world. 

We are particular about yarn dyeing and produce jacquard fabrics with floral patterns layered on pastel colored gingham check.

The fabric is woven at a low speed and carefully produced. 

This because we want to create a delicate and soft texture and this cannot be achieved.

By ordinary high-speed textile machines.

We purposefully produce the fabric with a fluffy and brushed texture to give the floral pattern a soft look.

 

 

オリジナル素材について

 

尾州地域の工場にて、世界でも大変希少なヴィンテージ機であるションヘル織機で織られたオリジナル生地。 

糸染めからこだわり、パステルカラーのギンガムチェックに花柄をレイヤリングしたジャカード織物を制作。

低速回転でじっくりと丁寧に手間を掛けて織り上げられている。

通常の高速織機には出すことのできない、繊細で柔らかな手触りの風合いに仕上げた上、

ふっくらと起毛加工を施し、花柄をぼんやりとした表情に浮かび上がらせている。